顔のシワ対策

年齢を重ねるごとに顔に現れるのがしわ。
ある意味当然のことなのですが、自分でも毎日見るように、他人にも一番見られる場所なので、顔のしわは気になりますよね。
顔のしわといっても、いろいろあります。

細かくたくさん出来たちりめんジワや、深く刻まれて、顔を暗い印象に見せるほうれい線など。
このようなしわが出てしまったとき、鏡を見る度にため息が出てしまいますよね。

しわは、年齢を重ねてきた証拠とはわかっていても、やはり出てくると嫌なものです。
では、この顔のしわはなぜ出来てしまうのでしょうか。

それは、皮膚の乾燥や皮下細胞組織の衰えなど、外的要因と内的要因が理由で引き起こされるものです。
顔の皮膚の下には、「表情筋」という筋肉があります。
この表情筋は、30種類以上あり、私たちが日常生活で見せる様々な表情を作り出してくれています。
ですが、あまり表情を作らずにいると、同じ場所に表情ぐせがつき、そのくせのついた部分にしわが出来てしまいます。
それが、いわゆる「表情じわ」です。

例えば、いつも怒っているような顔をしていれば、眉間にしわが寄ってしまいます。
このように、同じ表情でいることが多くなると、同じ場所にしわが出来てしまい、いつでも怒っているような顔に見られてしまいます。

こういった表情じわがつかないようにする為には、出来るだけ色々な表情を作ってみてください。
「なんかいつも同じ顔だな~」と思ったら、顔の体操などをしてみると、大変効果的です。
こうすることで、顔の皮膚の下に張り巡らされた表情筋を鍛えることが出来るので、リフトアップも期待出来ます。

もし、実際に怒りや悲しみが続いてそのような表情になってしまっている場合には、その原因を解決することも大切です。

なぜなら、気持ちと表情は繋がっているからです。
楽しい気持ちのときは笑顔に、悲しい気持ちの時は泣き顔になります。
しわ対策のためにも、いつもにこやかな明るい表情でいられるよう、内面的な原因を解決することもひとつの方法なのです。

シワでお悩みの方専用
目じりのしわ ビーグレン

初めてでも安心、365日間返金保証