しわの原因になる紫外線

乾燥、紫外線対策、表情筋の衰えなど、しわの原因は色々ありますが、色々な原因が重なっている場合が多く、一概に「これが原因」と言い切れないのが現状です。

しかし、しわの原因としてよく挙げられるのが、紫外線や乾燥、老化による新陳代謝(ターンオーバー)の低下、誤ったお肌のお手入れ。
また、睡眠不足や偏った食生活に加え、日常生活で感じるストレス、活性酸素、女性ホルモンの減少、表情グセなど、様々なものが挙げられます。

この中でも、お肌に多大な影響を与えるもとして、「紫外線」が挙げられます。

紫外線のお肌への影響を詳しく説明すると、日焼けなどによって紫外線が肌の奥深い部分の真皮層まで浸透してしまうことで、真皮のコラーゲンが切断されます。
すると、皮膚にハリや弾力を与える為に必要な、エラスチンという体内に存在するたんぱく質である成分を分解させる「エラスターゼ」と呼ばれる酵素が大量に分泌されます。

このように、お肌のハリや弾力に重要なコラーゲンやエラスチンが、紫外線の悪影響により減少したり変性されることで、笑顔などで動いた顔の皮膚が元に戻りにくくなり、やがてしわになってしまうのです。

日焼けが流行った時代を生きた方々は、かなりの要注意といえるのではないでしょうか。

その当時は、まだ若いからと油断し、日焼けを繰り返したのではないでしょうか。
お肌をいたぶるかのようなその行為は、お肌へのダメージが相当なものになっているはずです。
ですが、それとは逆に、「若い頃から大して日焼けはしていないから大丈夫」と安心するのもまだ早いです。

お子様のいらっしゃる人は、子育て中に、お子様を公園で遊ばせながら、ご自分も紫外線をバンバン浴びていた、なんて覚えはありませんか?
日常の何気ない紫外線であっても、日々繰り返し浴びてしまえば、日焼けと同じことです。

若い頃の過ちを、今から悔やんでも仕方がありませんが、若い頃の無茶な日焼けや、子育て中に紫外線を浴びてしまったからと、諦めてしまう必要はありません。

今からでも遅くはありません。
UV効果のある化粧品を使用し、紫外線対策を万全に行えばいいのです。
また、メラニン対策の美白美容液やファンデーションを使用したり、化粧水の量をいつもより多くするように心がけてみる。
こうしたちょっとした心がけで、しわに対する恐怖もかなり和らぐのではないでしょうか。

シワでお悩みの方専用
目じりのしわ ビーグレン

初めてでも安心、365日間返金保証