女性ホルモンに効く食べ物

女性の身体は、40代に入ると卵巣機能が除々に衰えてきます。

更年期にはエストロゲンの分泌量が減少する為、コラーゲンの生成も減り、弾力が失われ、やがてしわができます。

元々、年齢を重ねることで、皮膚の水分保持能力や皮脂の働きは低下しますが、それに加えて、女性ホルモンの変調の影響が追い討ちをかけるのです。

40代も後半に近づいた女性は、体内で起きているこの減少にがっかりして、諦めてしまうかもしれません。

ですが、ここで諦めてしまうのは、まだ早いです。

50代でも60代でも、しわのないハリのあるお肌を保っている人は大勢います。

では、50代、60代でもハリのあるお肌を保っている人と、40代を過ぎて既にしわだらけの人。

この違いは、一体どこにあるのでしょうか?

それは、体内の活性酸素の量の違いにあります。エストロゲンは、体内の活性酸素を除去してくれる働きもあります。

ですから、40代を過ぎてエストロゲンの分泌量が低下してしまうのであれば、自ら摂取すればよいのです。

エストロゲンの分泌を促す食べ物として「山芋」があります。

山芋は、体内のホルモン生成の原料となるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)を合成する栄養素が豊富に含まれいます。150g程度を週2~3回を目安に摂取するだけで、女性だけではなく男性にも、かなりの効果が期待できます。

また、大豆に含まれる大豆イソフラボンも効果が期待できます。大豆イソフラボンの構造が、DHEAに似ているので、体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれることもあり、こちらも有効な働きをしてくれます。

山芋は調理が面倒、という人は、大豆製品である豆腐や納豆を食べて摂取するという方法もあります。この場合は、お豆腐であれば半丁、納豆なら1パックがの目安といったところになります。

食品だけではなく、生活習慣にも目を向けてみてはいかがでしょうか。日常の色々なことに興味を持つ、運動をする、アロマなどで心地良い香りを楽しむ、恋をする、感動するなどの行為もエストロゲンの分泌を促す働きをします。

特に「恋をする」のは、理想的かもしれません。実際、恋をしている女性は、とても輝いて見えますし、心なしか、お肌もツヤがあるように見えます。恋をするというのは、エストロゲンの活性化だけでなく、しわ対策や美肌効果にとても理想的な事なのです。

シワでお悩みの方専用
目じりのしわ ビーグレン

初めてでも安心、365日間返金保証