たばこが肌に与える影響

「百害あって一利なし」
この言葉を聞いて、頭に思い浮かぶことといえば「たばこ」ではないでしょうか。
禁煙ブームのお陰で、マナーのいい喫煙者ですら嫌われてしまう昨今。
ですがこのたばこ、しわに対しても、例に漏れることなく、お肌への悪影響を及ぼすものに十分に当てはまります。

たばこの主成分であるニコチンは、血管を収縮させ、その影響で血行が悪くなり皮膚の温度が低下します。
もちろん、お肌の新陳代謝が悪くるので、真皮の働きが衰えて、 お肌のしわ、たるみ、くすみ、かさつきの原因になるのです。

ニコチンが血管を収縮させ血流を悪くするので、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する真皮の働きが衰え、お肌が乾燥し、小じわが出来やすくなります。
更にたばこを吸い続けると、活性酸素が増えてしまい、コラーゲンとエラスチンを損傷させてしまいます。
そうなると、お肌の弾力が失われてしまい、小じわがやがて「深いしわ」になってしまうのです。

また、たばこの煙はとても目にしみるので、たばこを吸うときは、煙を避けるように自然に顔をしかめる回数が多くなります。
真皮の働きが衰えたお肌で顔をしかめている訳ですから、ハリのないその部分は、しわが出来やすい状態の為、その表情自体もしわの原因になると考えられます。
元々乾燥しやすい口元も、しわが深くなる事もあれば、煙を深く吸い込む動作で、頬の横に吸い込みの癖が出来て、頬がこけてしまうこともあります。

ですから、どんなにいいエステに通っても、どんなに高い基礎化粧品を使っても、喫煙癖のある方は、「必ずしわなってしまう」と断言してもいいぐらい、喫煙はお肌に悪影響なのです。

お笑い芸人のオセロの松嶋尚美さんをご存知でしょうか。
以前、あるテレビ番組で、美肌のエキスパートでお馴染みの佐伯チズ先生に、美容情報について色々とお話をお伺いしている中で、しわの話になりました。
その時、松嶋さんが、佐伯チズ先生からキッパリと

「たばこをやめなくちゃ綺麗になれません!!」

と、断言されていました。
長期に渡り、たばこを吸い続けてしまっている人は、「今さらやめても・・・」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

気がついた時に実行すれば、決して遅くはないのです。
試しに、1週間だけでも、禁煙に挑戦してみてください。

禁煙を始めた翌日にもうしわが消える、というような劇的な変化は、正直なところ、ありません。
ですが、禁煙をするということは、真皮の働きを妨げていたニコチンを、体内に取り入れないということ。
お肌に害のあるものを遠ざける訳ですから、禁煙を続けることで、あなたのお肌には確かな変化が必ず表れるはずです。

シワでお悩みの方専用
目じりのしわ ビーグレン

初めてでも安心、365日間返金保証