コンタクトレンズが目元のしわの原因になる

どうしても目元のしわが気になってしまう人の中には、コンタクトレンズを愛用している人が意外と多く見られます。
では、なぜコンタクトをしている人がしわを気にするのか。
これは、コンタクトレンズを使用することで、眼球に負担がかかり、結果的に、目に疲れが出てしまうからだと言われています。

コンタクトレンズの種類にもよりますが、長期間コンタクトレンズを愛用している人ならば、コンタクトレンズを装着している状態が慣れてしまっている為、目元に負担かかっている事にあまり気付かないものです。

ですが、実は自分で思っている以上に、目元はストレスを感じているのです。

コンタクトレンズを長期間に渡り装着していると、目が慣れる為か、除々に度数が合わなくなってくることがあります。
また、コンタクトレンズ自体にトラブルが生じた場合でも、ものを見ようとして目元に意識が集中し、眼精疲労の原因となります。

「一重まぶたの人がコンタクトレンズを装用するようになってから、二重まぶたになった。」

という例もあります。
ですが、二重まぶたというのも、しわの一種ともいえます。
ご本人は美容整形などをする事なく、二重まぶたになれたと喜んでいるようですが、この例もかなりの眼精疲労によって、まぶたが痩せてしまった結果なのです。

<目の疲れをしっかり取ってしわを防止しましょう>

そう考えると、なるべくコンタクトレンズをはずして目を休めてあげるのが一番です。
ですが、コンタクトレンズが目元のしわの原因になるといっても、やはり忙しい現代人としては、メガネよりもコンタクトレンズをしているほう行いやすい作業や、コンタクトレンズを終日使用せざるを得ない状況の場合もたくさんあります。

そのような場合は、目の疲れを取るサプリメントや、コンタクトレンズショップから発売されている目元専用の美容液などを上手に利用するのも、目元のしわを作らない一つの方法です。

また、目にゴミが入った時など、何度も瞬きをして、涙でゴミを流そうとする方がいますが、実はこれもよくありません。
必要以上の瞬きが、目元を疲れさせてしまい、しわの原因となるからです。
この場合、近くに水道があれば、優しく洗い流してあげるといいと思います。

また、度が合わないコンタクトレンズを装着している場合も同様に、瞬きの回数が多くなります。
ゴミが入ったらすぐに洗い流す、目にあった正しいコンタクトレンズを使用するなどを、日常的に心がけてみてください。

また、コンタクトを装着する際は、下まぶたを必要以上に下に下げない事も大切です。
この動作もまた、下まぶたにしわを作ってしまう原因となってしまうので、装着するときは、上まぶたと下まぶたを同じくらいの幅で開いてげると、下まぶただけに負担をかけることなく、また、コンタクトレンズも装着しやすくなるので、一石二鳥です。

シワでお悩みの方専用
目じりのしわ ビーグレン

初めてでも安心、365日間返金保証